無敵の霧子

きーちゃん、頑張ったね

10/26の朝、きーちゃんは旅立って行きました。

私は会社にいて、10:17に母から『キーが危険な状態』とメールがきた。
以下、母からきいた話です。

昨夜から様子がおかしかったきーちゃん。
母が朝起きると、きーちゃんは寝床ではなく床にいた。
母は8:30に病院へ行く予定があり、きーちゃんを寝床に入れてあげて、1階で家事をしていた。
少しして出かける前に、もう一度きーちゃんを見にいったら、そのまま寝床にいたので安心して
病院へ出かけた。
いつもなら自転車で行くのだけど、雨だったので歩いていき、家に戻ったのが9:30過ぎになって
しまった。
家に入ると、きーちゃんの『ウォーン』という、いつも痙攣がおきた後に鳴く声が聞こえてきた。
これは痙攣がおきたんだ!と慌てて2階へ見にいくと、やっぱり痙攣をおこした直後だった。
激しさを物語るように、床に擦れて抜けた毛が、あたり一面に散乱していた。
ウンチもトイレじゃないところにあったらしい。
すぐに酸素ボンベを使ったけど、すぐに次の痙攣が起きてしまった。
ここからは、もう痙攣が治まらず、1回の痙攣は1~2分だけど治まるとすぐまた痙攣が・・・
恐れていた重積発作がおきてしまったんです。
痙攣が続くため、酸素ボンベをまともに口にあてることができなかった。
それでも酸素ボンベは5本も使った。
すぐに病院へ電話したら院長が治療中で、受付の子が『治療中なので・・・』の一点張りで。。。
いつもいる、気が利く子にかわってもらったら、治療が終わったらすぐに電話します、
といってくれ電話を待った。
その後、会社にいる父に電話し、戻ってきてもらうよう頼んだが、父がタクシーの方が早い、
というのでタクシーを呼んだ。(父はその後すぐに戻って来てくれた)
その間も痙攣は治まっていない。
よりによってタクシーが道に迷ったらしく、到着が遅かった。
さらに病院までの運転もかなりノロノロで。。。
きーちゃんは、タクシーの運転手も気づくくらいキャリーケースの中で痙攣し続け、バタバタして
いたらしい。
ようやく病院へ着き、院長の治療を待つ間、一時痙攣は治まった。
治療室に入り診療台に載せたとき、また痙攣が始まってしまった。
先生も『これはかわいそうだ』というくらい、激しい痙攣だった。
先生が『効くのに時間はかかるけど、痙攣を沈める注射があるから、それを打ちましょう』といって
準備しようとしたとき、、、きーちゃんの呼吸が、停止した。

でも。心臓はまだ動いていた。
きーちゃんの胸に先生が手をあて、まだ動いていますね、と。
先生は、これだけの痙攣が起きてしまっているので、もしここで意識が戻っても、先は長くないでしょう、
といっていたそうです。
それから少しして。。。心臓に手をあてていた先生が、『あ、止まりました。。。』と。
11:26でした。
先生が、『娘さんが悲しむと思うと辛いですね』と言ってくれたそうです。
いつも冷静で感情を表に出さない先生なのに。
きーちゃんと一緒に診察室でお会計を待っている間、受付の女の子が泣いている母の元に来て
『気を落とさないで下さいね』っていってくれて。

きーちゃん、最期は痙攣で旅立っちゃった。。。
痙攣中は意識がないというから、苦しみは感じなかったかな。。。
遠くない日に、きーちゃんとお別れしなくちゃいけないってわかってはいたけれど、こんなに急に
その日がやってくるなんて思いもしなかった。
徐々に食べなくなって、いよいよかなって思って、それで眠るようにって勝手に思っていた。
出来るだけのことはしてあげたから後悔することはないって思っても、今日でお別れってわかって
いたら、日曜日だって出かけないできーちゃんの側にいたかった。
興奮してはいけないと思って、きーちゃんの大好きなブラッシングも暫く控えていた。
だったら飽きるまでブラッシングしてあげたかった。
大好きなさざなみちらしだって、きーちゃんの体に良くないからといって、しばらくあげていなかった
けど、好きなだけ食べさせてあげたかった。
・・・やっぱり後悔で一杯です。
でも死ぬ日がわかっていて、その日を待つのもつらいのかな?って考えたり。

もう、会えないなんて辛いよ、きーちゃん。

2009.11.17
[PR]



by mutekinokiriko | 2009-10-26 22:03 | 霧子♀ | Comments(1)
Commented by ぼすちん at 2009-11-24 21:12 x
涙、涙で読ませていただきました。きーちゃん、よく頑張りましたね。本当によく頑張りましたね。ご家族の方も本当によく頑張られたと思います。
本当にもう会えないなんて辛いですよね。
私ももうすぐ5か月ですが、泣かない日がないです。
明後日で1か月ですもの、辛いですよ、悲しいですよ、寂しいですよ。
どんな事をしてもきっと後悔するんだと思うんです。私も後悔ばっかりです。でも責めないでくださいね。それはきーちゃんがきっと悲しむだろうから・・。
って自分にも言い聞かせているだけで、偉そうなこと言えないのですが・・・。頑張りましょうね。きっときーちゃんがそう願っているだろうから。すいません、まとまりのないコメントで。
また、お邪魔します。

慢性腎不全と肥満細胞腫瘍に立ち向かった19歳の猫きーちゃん(霧子)と仲間ニャン達のブログ
by mutekinokiriko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

タヌキも言うんです、ゴロ..
by mutekinokiriko at 15:06
ポン吉くん亡くなってしま..
by tabineko-hanzou at 21:58
こうやってお花を生けるこ..
by mutekinokiriko at 00:18
いっぱいのお花で飾られた..
by tabineko-hanzou at 21:53
たびねこさん ありがと..
by mutekinokiriko at 23:32
昨日は、ありがとうござい..
by tabineko-hanzou at 16:59
涙、涙で読ませていただき..
by ぼすちん at 21:12
ぼすちん様 コメントあ..
by mutekinokiriko at 11:52
ohana様 心温まる..
by mutekinokiriko at 13:49

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧