無敵の霧子

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧




再び病院へ

今日もモンは食べないし、昨日の摘便が原因なのか下痢が止まらない042.gif
おしりも赤くなっていて痛そうにしているので病院へ行ってきました。
院長不在だったので、院長がお休みの時にお願いしている先生に診てもらいました。
おしりに付ける塗り薬と、炎症を抑えるためのコンベニアの注射をしてもらいました。
便秘のサプリはなにかいいものはありますか?と聞いたら、とりあえずビオフェルミンを飲ませてみたらいいと思います、だそうです。
念のため、先生がおしりのなかを触診してくれたのだけど、中は腫瘍等なく、大丈夫だそうです。
体重変わらずで2.0キロでした。

ところが、帰宅後にモンちゃんは血尿をしてしまいました。
早速止血剤(トランサミン)を飲ませました。あとビオフェルミンも飲ませました。
夜になっても食べようとしないので、腎臓サポートパウチを15粒くらい、強制給餌しました。
やっと甘えて来るようになったのも束の間、すぐに寝てしまったモン。
病院で怖い思いをして疲れたのもあるし、まだ便秘で気持ちわるいのかも知れない。

便秘と血尿・・・。
3/6にコンベニアの注射をしてもらっているのに、まだ2週間経っていないのに血尿してしまったということは、コンベニアは効果がないということなのだろうか。
実は3/15にも血尿をしている。
心配のタネが増えてしまった。
[PR]



by mutekinokiriko | 2014-03-18 23:57 | モン吉♂ | Comments(0)

モン、便秘になる

昨夜の夕飯の後、モンが台所でニャアと鳴きました。
そのあとトイレで踏ん張り始め、やっと出たと思ったら腸液の混じったような液体と、最後に小指の爪くらいの大きさの、固いのを出しました。
それからは夜中中、嘔吐がとまらなかったそうです。
これは便秘かもしれない。
踏ん張りすぎて吐いているのかも知れない。
ただでさえ食が細いモンが吐いてしまったら、脱水も心配です。
なので病院へ行ってきました。
血液検査の結果から腎不全が前回の検査の時より少し進行していて、腎不全からくる便秘だそうです。
その場で先生が摘便をしてくれて、詰まっている便は全て出してもらいました。
出した便は柔らかかったので、昨晩出た小さい固いのがフタをしてしまっていたようです。
これからはモニラックシロップという緩下剤を朝晩飲ませることになりました。
摘便は先生がゴム手袋をして、潤滑剤をつけてお尻に指をいれて便を出すのだけど、それはそれはモンちゃんは嫌がって、かわいそうでした。
だから出来れば摘便はしたくない!と思ってしいました。
家に帰ってから、タンスの上に隠れてしまって、ぐったりしてまったく食べようとしなくなりました。
お尻からダダ漏れになってしまってます。
どうしよう、モンには負担が大きすぎた気がする。
すっきりして元気になるどころか、衰弱してしまった。
心配なので、明日になっても食べないようであれば病院へ連れて行こうと思います。

■血液検査の結果■
BUN 88.2
CRE 2.1
RBC 402
HCT 21.6・・・貧血気味なのは変わらず

体重2.0キロ

ブドウ糖を入れた輸液を100ml病院でしてもらいました。
[PR]



by mutekinokiriko | 2014-03-17 18:52 | モン吉♂ | Comments(0)

注射失敗・・・。

メイトが、カリシウイルスを発症してしまいました007.gif
目が晴れ上がってしまい、くしゃみをしています。
モンにどうか移りませんように・・・。
病院でインターフェロンを買ってきて自宅で皮下輸液をしているのだけど(針を刺す担当:父)皮膚と筋肉の間に注射しなければいけないのに、針を入れたところが浅くて炎症を起こしてしまいました(泣。

最初は消毒して薬を塗って包帯ぐるぐる巻きにしていたのだけど、包帯に巻かれているのがメイトは気になって落ち着かないので、包帯巻くのをやめました。
そうすると傷口を舐めてしまいます。
そこで母が思いつきで使い捨てマスクを装着してみました!
メイトはまったく気にしなくなってくれました001.gif
c0136090_23114769.jpg

マスクを背負ってるメイト。なんだかかわいい。

自宅で注射をさせてくれるのはとても助かるけど、慣れるまでは慎重に(慣れても、だけど)しないとこういうことになってしまいます。

----------------------------------------------------------------

AAFP(全米猫獣医師協会)の報告によると、0.01%くらいの割合でワクチン接種をした部位が盛り上がって腫瘤(しゅりゅう=こぶ状の盛り上がり)ができてしまうことがあります。ワクチン接種後にできる腫瘤は、炎症性肉芽腫(えんしょうせいにくがしゅ, ワクチン接種部位肉腫)と呼ばれるもので、接種した部位が炎症を起こして腫れ上がった状態になります。もし2~3週間たっても腫れが引かず、手で触知できるしこりが残っている場合は、ごくまれに肉腫(ガン)に変化することもありますので、獣医師にご相談下さい。

----------------------------------------------------------------

ガンになることも’まれに’あるようです、、、。
[PR]



by mutekinokiriko | 2014-03-02 23:02 | メイト♀ | Comments(0)

慢性腎不全と肥満細胞腫瘍に立ち向かった19歳の猫きーちゃん(霧子)と仲間ニャン達のブログ
by mutekinokiriko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

タヌキも言うんです、ゴロ..
by mutekinokiriko at 15:06
ポン吉くん亡くなってしま..
by tabineko-hanzou at 21:58
こうやってお花を生けるこ..
by mutekinokiriko at 00:18
いっぱいのお花で飾られた..
by tabineko-hanzou at 21:53
たびねこさん ありがと..
by mutekinokiriko at 23:32
昨日は、ありがとうござい..
by tabineko-hanzou at 16:59
涙、涙で読ませていただき..
by ぼすちん at 21:12
ぼすちん様 コメントあ..
by mutekinokiriko at 11:52
ohana様 心温まる..
by mutekinokiriko at 13:49

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧