無敵の霧子

ペリオフィールとケナログ

モン、口が痛いみたいで、あまり食べなくなってしまったので昨日からペリオフィールとケナログを付けることにしました。
ペリオフィールは病院でしか買えない軟膏で、抗生物質です。
ケナログは薬局でも売っている口内炎の薬(ステロイド)です。
ステロイドは極力使いたくない方針は変わらないのですが、母が先生に確認した上での使用です。
「口が痛くて食べれなくなった時に一時的に少量だけ塗るのであれば大丈夫でしょう」だそうです。
ペリオフィールは開封したら冷蔵保存しなければならないし、処方箋がないと手に入らない薬だし、値段が高いので、なんと母は自分の口内炎治療で歯医者へ行って、歯医者さんにペリオフィールを処方してもらってきました!母は強し、です。
動物病院で買うと1,800円もするけど、歯医者さんだと保険がきくのでもっと安かったそうです。
(いくらか聞きそびれました)
ペリオフィールとケナログを少量、指にとって、モンの口角へ突っ込みます。
すると気持ちわるいのか舌でとろうとするので、それで口の中全体に浸透するようです。

c0136090_2272956.jpg


本当に痛いときは舌が出たままになってしまいます。
もしこのまま口内炎が治らないようであれば、食欲廃絶になる前、体力があるうちに全顎抜歯をするかもしれません。
今までのうちの猫達も、みんな口内炎で抜歯しています。
抜歯後の経過は我が家では100%良好なので、母は全顎抜歯を望んでいるのだけど、猫エイズのモンが手術の麻酔によって万が一FIVが発病してしまったら・・・私は怖くてまだ考えられません。
[PR]



by mutekinokiriko | 2013-06-21 22:57 | モン吉♂

慢性腎不全と肥満細胞腫瘍に立ち向かった19歳の猫きーちゃん(霧子)と仲間ニャン達のブログ
by mutekinokiriko
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

お気に入りブログ

検索

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧